宝石(ダイヤモンド)の高額査定ポイント

 

宝石の王様、ダイヤモンド。

ダイアではなくダイヤと呼称するのは店主が以前勤務していた田崎真珠(現 TASAKI)のこだわりです。

当店はGIA(米国宝石学会)基準で鑑別、鑑定(評価)して、査定しています。

宝石用顕微鏡をはじめ、各種検査機器を使用しますが、最後の確認は結局人の「目」です。

店主の相棒(10倍収差補正ルーペ)で最終チェックをして、それから査定額を出します。

 

ルーペを使う店主の顔が怖い(笑)と言われることもあるのですが。。。こればかりはご容赦下さい。

 

4C、評価のベースです

皆さんご存知のダイヤモンドの4Cグレーディング、評価の基準は、GIA(米国宝石学会)が開発しました。
厳密に規定、構築された現在の世界基準です。鑑定書に書いてある数値などです。分かりやすいように等級付けされています。
果物の「糖度」みたいなものです。言うまでも無く、高い、安いの話になると希少性の有無(大きくてグレードが高い)ですが、
実際に身に着けて楽しむ宝石としては、この4Cのバランスが取れているものが、美しいとされています。
特に重要なのは何ですか?とご質問頂くことも多いのですが、本当に「全て」重要です。

 

  • 重さ/Carat(カラット)
  • 研磨/Cut(カット)
  • 色/Color(カラー)
  • 透明度/Clarity(クラリティ)

 

この4つの基準の頭文字を取って「4C」に、シェイプ(形状)と蛍光性が評価の基準になります。

ひとつひとつ、ご紹介します。お店で「ダイヤの~」と店主に話を振ると、熱く語り出します。長くなるのでご注意下さい。

 

ダイヤモンドの査定ポイント詳細

重さ/(Carat)

4Cの中でも一番有名。ダイヤモンドの重量です。

1カラット=0.2グラム。当然重い(見た目で大きい)方が価値があります。ダイヤモンドの重さとしての価値は、数字のキリが良いかどうかも重要です。

0.99カラットと1.00カラット。正直なところ見た目では分かりませんが、評価は1.00カラットの方が相当高くなります。

研磨/(Cut)

4Cの中で唯一人の手に委ねられるのがカット。最上グレードは「エクセレントカット」

いかにもきれいなネーミングです。

皆さんよくご存知の丸いダイヤ、ラウンドブリリアントカットは、原石ベースで見て非常に美しく輝くように、科学的に計算されたカットです。グレードの良し悪しは、職人の技術にかかっています。いくら素材(大きくて透明度が高い)が良くても、料理人(カッター)の腕がないと美味しくならない(輝かない)です。

色/(Color)

カラーグレードは、D(無色透明)が最高とされています。順にE、F、G、H、I。。。と徐々に黄味がかってくるのが一般的です。

GIAにおいて、カラーは4Cの中でも、特に厳密な基準で評価されています。

 

枠が付いた(指輪など)ダイヤモンドで、DカラーとEカラーを見極めるのは非常に困難です。言い換えれば、「見た目ではまず分からない」ですね。

 

天然カラーダイヤモンド(ピンク、ブルーなど)の価値はヴィヴィッド(鮮やか)かどうかで決まります。

透明度/(Clarity)

(天然)ダイヤモンドは、地球が長い時間をかけて作りだした自然の鉱物です。そのため、ほぼ全てのダイヤの表面、内部には内包物などのクラリティ特徴が存在します。

内包物が多いダイヤは光を反射しなくなります。暗く見えたり、やや濁って見えたりすることもあります。この特徴の程度によって等級付けられていきます。

トップグレードはFL(フローレス)。表面、内部ともにマイナスポイントのない極めて希少なダイアです。

Shape/(形状)とFluorescence/(蛍光性)

研磨されたダイヤモンドには、一般的なラウンドブリリアントカット以外にも、ファンシーシェイプと呼ばれるハート、ペア(涙型)など、さまざまな形状があります。

実際の相場はラウンドブリリアントカットに比べて安くなりますが、特に中古ダイヤのファンシーシェイプは買い得ということ。個人的には楽しいですね。

 

ダイヤモンドの中には、紫外線に対して蛍光反応を示すものがあります。色もさまざまです。神秘的ですね。

ただし、非常に強い蛍光を示すダイヤは、太陽光にも反応してしまうため、ダイヤ本来の輝きが消えてしまうような石もあります。この場合は残念ながら相場は下がります。

 

 


Link(リンク)有限会社鈴木質店

〒266-0031千葉県千葉市緑区おゆみ野2-4-10

電話:043-291-3711

営業時間:8:30-18:30

質屋許可証 千葉県公安委員会 千南15号
古物商許可証 千葉県公安委員会  第441020000985号

お問い合わせ